高校生と大学受験

高校生はAIに仕事が奪われる不安な時代にどうするべきか?

ロボットとAI

受験勉強の塾をネットでやっているといろんな高校生から様々な質問がきます。

高校生しょうご
高校生しょうご
これからの時代、AIやロボットに仕事を奪われていきますよね。

そんな時代にもう何十年も前からほとんど変わらない受験勉強をやって大学に行き、そのまま4年間過ごすことって本当に意味があるんでしょうか?

新しい時代には、新しいことをしなければならないのではないのでしょうか?

という質問が来たのでこれに関して、将来AIに仕事が奪われる現時点での研究者による予想を紹介し、このような時代にどうすべきかをご紹介します。

本記事の内容
  • AIで仕事が奪われる未来の年表
  • 今の高校生は自分で仕事を作り出す
  • AIから仕事が奪われる時代で高校生がやるべきこと

ちなみに、この記事を書いている僕ですが、日本一高校生と関わっているのではないか? と思うくらい受験生と関わっています。

受験化学コーチわたなべ

受験化学コーチわたなべとして、ネット上で受験化学を教える仕事をしています。

大学卒業後就職せずに特殊な仕事に付いていることと、高校生とかなり多く接しているので、他の人よりも高校生の進路問題に体験談を盛り込んでお伝えすることができるでしょう。

AIで仕事が奪われる未来の年表

 

こちらが、2013年に発表された10~20年以内に奪われる仕事の一覧がこちらです。

AIに奪われる仕事出店:https://diamond.jp/articles/-/110888

こちらは、非常に有名な2013年に発表されたマイケルオズボーン氏が発表した20年以内に奪われる仕事です。

実際、すでにコンビニ店員なんかは、徐々に仕事が奪われてしまっています。レジでお金を受け取る仕事もコンビニでは徐々にセルフレジが搭載されています。

また、AmazonGoと言うコンビニでは、スマホで入場することで商品を持ち出してもお金を勝手に引き落としてくれるようになるのです。

2025年には自動車の運転系の仕事がなくなり自動運転が全盛期になる

2025年には、自動車の運転の仕事がなくなって自動運転がどんどん増えていきます。

自動運転システムっていうのは、非常に便利で、人間が運転するよりもはるかに安全な運転ができるようになります。

これに伴って起こることは、自動運転で事故がなくなったら、自動車保険がなくなります。なので、自動運転がなくなることで付随して保険会社も大きな痛手を受けます。

2030年には、知識労働でさえどんどんAIとロボットに置き換わる

2030年には、現在の知識労働者や大卒の勝ち組だと言われてきた職業でさえも徐々にAIに仕事が奪われます。

例えば、弁護士のような仕事や、銀行の融資担当なんかも2030年には消えると言われています。今の高校生がちょうど就職するような時には

「銀行オワコンw」

みたいに流れているかもしれません。まあ、そもそも今でも十分銀行はオワコンです。

2017年に日本経済新聞でメガバンクで銀行員を3分の1に削減することを発表しました。みずほは1万9000人、三菱UFJは9500人、三井住友は4000人分の業務削減を目指しているようです。

ですが、まだまだ大学生の危機感は無いようで、2018年の就職人気企業ランキングでいまだにメガバンクが上位に食い込んでいます

AIに奪われる仕事
AIに奪われる仕事出典:https://job.career-tasu.jp/2019/guide/study/ranking/

変化ができないものは滅ぶのみです・・・

2035年前後にはAIとロボットが融合し手足が生えて力仕事が滅ぶ

2035年ごろには、AIとロボットが融合し始めます。すると、運送業などの仕事や、倉庫の整列作業、荷詰作業などがどんどんなくなっていきます。

今のところ配送業は人間がやっていますし、AIがいくら発達してもそれを乗せるロボットがうまく動けないと配送できませんよね。

でも、2035年ごろになると、家に荷物を運んでくれるのはロボットになりそうです。

2040年には今のところ人間ができる仕事はほとんど無い

2040年には、今ある仕事の90%はなくなっていると言われています。残っている仕事といえば、マクドナルドのハンバーガーを組み立てるような手先の器用さが求められる仕事のみです。

マクドナルドとか、コンビニで商品を細かく整列させるような仕事しか残っていないと考えられます。

 

基本的に知識労働はほとんどAIに仕事を奪われて、肉体労働はとてもやりたいとは思えないような仕事しか残りません。

今の高校生は自分で仕事を作り出す必要がある

 

これまでの時代の生き方の王道は、全て「仕事をもらう」という生き方でした。

就職するのも、バイトをするのも、仕事をもらってそれをさばいてお金をもらう状態ですよね。ですが、これからは仕事は自分で作り出すものだと考えます。

テクノロジーが発展すると、それを利用した職業っていうのがどんどん新しく生まれます

例えば、動画環境が整って、どんどんいろんな人が動画を高速で見られるようになると、ユーチューバーっていう人が現れましたよね。

 

僕もそうですよ。僕なんて今「受験化学コーチわたなべ」として、スマホを使う受験生向けに受験勉強を教えるという活動をしているわけですよ。

それってなかなかこれまででは考えられなかったですよね。また、これから2020年で5Gというネット通信が現れます。

LTEや4Gの先ですね。益々受験勉強をスマホ向けに教える産業が増えていくでしょう。そこでは、かなり先駆者でした。最近は徐々に増えてきましたけどね。

テクノロジーが進化することで、新しい仕事ができるってことを覚えておけば、AIを利用した仕事が必ずできます。

もっとふざけたものでは、プロ奢ラレヤーとか、プロ無職って人もいますからね。

ナンパをすることで生活をしている人もいます。フリースタイルですよ。今やどんなことでも仕事にできる時代がすでにきているのです。

また、これまで以上に紙幣よりもネットでの影響力が重要になってきます。

お金よりもツイッターのフォロワーの方が重要になってくる時代がくるかもしれません。お金を稼ぐってことが重要になってきます。

AIから仕事が奪われる時代で高校生がやるべきこと

 

これから仕事を奪われていく時代に、今の高校生がどのようなことをしておく必要があるのか?

それはこちらです。

高校生のうちからやっておくこと
  • 1から自分でお金を稼ぐ能力
  • ネット上で自分に影響力をつけること

この2つです。

1.1から自分でお金を稼ぐ能力

今、世の中の人で自力で1万円稼げる人なんてほとんどいません

自力で1万円を稼げるというのは、日雇いのバイトで稼ぐのとは全く違います。0から1万円を生み出すことは意外と難しいのですよ

逆に0から1万円を生み出す力があれば、10万円まではすぐに到達可能なんですよ。
つまり、0から自分で稼ぎ出す力を身につけてください。

誰もやらないだけで、別に難しいものではないんです。

僕は中学生の時に、ペン回しにはまっていました。ペン回しってただただペンを回すのではなく、改造してなるべく綺麗に見えるようにペンを改造するんですよ。

その改造に使いやすいペンのなかで珍しいものを文房具屋さんを回って購入し、そのペンをブログでスペックを書いて、ペン回しの掲示板にブログを貼り付けたんですよ。

そしたら、かなりの人がペンを購入したいと言って来てくれてそれで中学生の時にお小遣い1000円ほどだった状態で、1万円ほど稼いでいました。

今は、amazonが発達しすぎてこんな手法は使えませんが、その時代その時代に合わせてお金を稼ぐことが重要です。

2.ネット上で自分に影響力をつけること

インフルエンサー

これからの時代、資格や学歴を手に入れるよりも、SNSや自分の情報発信を受け取ってくれる人がどれだけいるかが重要なんです。

誰かとの競争などではなく、どれだけの人と

これは、何も僕だけが言っていることではなく、ホリエモンと落合陽一さんの本の中でも言われていることです。

「ロボットやAIのほうが、人間よりもはるかに制度の高い作業や思考ができる」未来に置いて、私たちはどう働き、どのように生きていけばいいのだろうか?と嘆く人もいるかもしれない。

答えは1つ、存在自体にヒトに対する訴求力がある人になればいいだけだ。

自分が価値ある人間になることです。

ただし、だからと言って、価値ある人間になるためには、やはりアフィリエイトをすることです。

あなたもこのブログに、検索エンジンからたどり着いたと思います。

あなたと同じようなことに悩み、そのことを記事にしたところ検索エンジンから人が集まってくるのです。このように、検索エンジンに人を集めることがすごく重要なんですよ。

 

今後どんな人が生まれてきてもw

プロ無職って人も出てきてますよ。

無職を打ち出して生きている人もいます。

プロ奢られヤーも出てきてますよ。

奢られるプロを自称しています。

こんなことでも、ネット上での影響力があるから普通に稼げてしまっているのです。

 

これからの時代は、影響力こそ資産です。そのためには、まずはブログから始めることをお勧めします。

ブログに人を集める方法を学ぶことで、ブログに人が集まりますし、そのブログからツイッターのリンクを貼ることでツイッターから影響力を得ることもできます。

また、ブログを作ることであなたという人間を知ってもらうことができます。

もちろん、ただただ適当にブログを運営しているのでは、全く人に見つけてもらえないブログが完成します。

なのでブログで人を集める方法に関しては、僕がブログビジネス大百科という電子書籍を作ったので、そちらをご覧ください。

最後に

本記事のまとめ
  • 今ある仕事がAIに奪われてもどうせ新しい仕事が生まれる
  • 新しい仕事は自分で生み出す
  • 今やるべきなのは、とにかく稼げるようにすることと情報発信をすること

ちなみに、とにかく稼ぐことと情報発信をして自分に影響力をつけることは、同時に達成できます。

例えば、僕の受験ブログって受験勉強のことを発信しながら、「受験化学コーチわたなべ」という人間の影響力を高めている行為に他なりませんよね。

そして、そこから収入を得て暮らしているんです。

なので、影響力を高めながら稼ぐことが理想です。その時まず取り組むべきなのはやはりブログなんですよ。

なので、ぜひ僕の無料電子書籍「ブログビジネス大百科」をダウンロードしてみてください。そのほかのプレゼントも用意しています。