高校生の将来

高校生には将来設計は必要?将来就きたい仕事は決めるべき?

高校生しょうご
高校生しょうご
将来幸せになりたいし、楽しく行きたいけど、特にやりたいことはない。

高校生しょうご
高校生しょうご
将来仕事がなくなる時代とか言われて、今の高校生が老後にちゃんとお金があるか?生活ができるか心配。

高校生しょうご
高校生しょうご
大学受験で学部を決めなければいけないけど、そろそろ将来やりたいことも決めなければならないの?

と悩んでいる高校生も多いでしょう。今日は、そんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • 高校生のうちに将来設計をしても完全に無駄である
  • 今高校生のあなたが将来安心して暮らすためには?
  • 将来は決して暗くない

結論から言うと、高校生のうちに将来設計をすることに意味はありませんし、特にテクノロジーの発達が異様に早いこの時代に将来設計することは無理です。

 

この記事を書いている僕は、大学受験指導をしていまして「受験化学コーチわたなべ」として、そこそこ受験業界や理系の高校生にはなの知れている存在です。

受験化学コーチわたなべ
わたなべ
わたなべ
受験勉強をしていい大学にいけ! 

という側の人間です。しかし、僕はそうは言いません。

だって、僕が違うから。本記事では、働き方のスタンダードの変わり目にいる高校生にどう言う風に今後生きていくかの指針になるような記事にして生きます。

※この記事は3分ほどで読めます。親も先生も教えてくれないような新しい働き方について書いていますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

高校生のうちに将来設計をしても完全に無駄である理由

1.この10年だけでも誰も想像できないくらいテクノロジーが進化した

テクノロジーの進化

現在2019年ですが、たった10年前はおそらくほとんど誰もスマートフォンを使っていませんでした。

 

今、スマートフォンを持っていない人を探す方が難しいですし(ホームレスがiPhone持ってた)、ネットの回線のスピードも飛躍的に向上しました。

 

電車の中で動画をみている人が当たり前のようにいるし、スマホだけでドラマが見られる時代になりました。

 

たった10年で信じられないくらい世界は変わりました。少しは世の中の変化も落ち着くかな? と思われましたが、そんなことはなくこれからの10年はAIが本格的に生活に溶け込む時代です

 

次の10年さえもわからない。

いや、人間なんて受験勉強で夏休みの計画を立ててもその通りに実行できない状況で、ただでさえ人生経験がない高校生が将来設計をすることなんてできません

2.やりたいことなんてものはやってみないと絶対にわからない

意外と楽しい

おそらく高校生が将来設計をしようとするのは、大学受験で学部を決めなければならないからだと思います。

ですが、将来やりたいことを高校生の時に決めることに違和感を感じます。というのも、どんなことでもやってみないことには、本当の楽しさがわかりません。

そして、面白そうだと思っていたことでも、実は辛いことはたくさんあります。

野球が面白そうだからといってプロ野球選手になれば楽しいかというと、そうではありません。プロ野球選手は全員ある程度野球は好きだと思います。でも、実際プロになってからその好きを維持できているでしょうか?

結果を求められて、ケガに泣かされて、もう2度と野球なんてやりたくない!

って思いながら引退する人もたくさんいると思います。

 

実際、仕事に向いているのは、「好きなこと」よりも「やっていて嫌じゃないこと」だったりします。

僕もいろんな仕事をしていますが、一番わかりやすいのがネット上で受験化学を教える仕事をしています。でも、僕って受験が好きでもなんでもないんですよ。

ていうか受験が好きってなんだ?笑

でも、受験化学をネット上で教えていてストレスは一切ありません。そして、全然嫌ではありません。

 

東大の法学部でさえ、法律関係の仕事につく人なんてごくごく一部です。ほとんどは一般企業に就職します。

 

むしろ大学の学部に引っ張られてそれに関する仕事につかなければならないと思う方が勿体無いです。

3.いまある仕事や環境を前提に将来設計をしたとしてもどうせ消えてなくなる

AIに奪われる仕事出典:https://diamond.jp/articles/-/110888

 

これが2016年に発表された10~20年後に奪われる仕事の表です。すでにAIの進化は止まるところを知らず、弁護士なんかはAIに相談して判例などを決めているそうです。

 

税理士のような仕事も税金を安く企業に提案をする最適解を示すような仕事は、AIの方が優れています。

 

今の時代に、営業マンが必要な商品ははっきりいっていらない商品です。わざわざ会社に訪れて、飛び込み営業をしなければ売れない商品より、お客さんが選んだりネットで選ぶ商品の方がいいに決まってますよね。

 

今でも難関資格の会計士もAIに奪われるでしょう。

完全に奪われないにしても、多くの仕事がじわじわAIが仕事を奪っていきます。つい数年前まで、勝ち組の筆頭だった、

  • メガバンク
  • 税理士
  • 会計士
  • 弁護士

のような安泰の職業でさえ将来はわからなくなってきているのです。

今の高校生は、そもそもなくならない仕事を探すこと自体ナンセンスなのです。そして、職業がどんどん変わっていくことを含めて高校生の間から将来設計できる人はいません。

 

また、さらにいうと、

アメリカのデューク大学の研究者のDavidson氏が、2011年にタイムズ紙でこのようなことを予言されていました。

「2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」

もちろん、あなたもこのように今はない仕事に就く可能性が十分あります。

例えば、僕がやっている仕事っていうのは、2011年に存在しませんでした。僕の仕事はスマホ向けで受験生に勉強を教える仕事です。

 

今の受験生はスマホにイヤホンをつけて、動画講義を見て勉強するのが主流の受験勉強方法になっています。

 

ですが、2011年の時点でスマホはまだまだ普及していませんでした。

2011年は僕が高校生で受験生でした。まだまだ通信回線もLTEや4Gがなくて、ユーチューブを見たらすぐに通信制限になっていました。

また、スマホを持っている人もかなり少なかったです。

僕の仕事が成立するようになったのも、早くて2013年です。僕も2015年からこの仕事を始めています。

 

自分でも2011年にこんな風に仕事につくなんて思ってもいませんでした。

では、高校生で何も準備することなく不安な将来を迎えなければならないのか? ただただ、不安な中を歩き続けなければならないのか?

そう思ってしまいますよね。ですが、やりようがないわけではありません。やるべきこと実はあります。

ちょっとした考え方を変えるだけでこれからの時代を思い切り楽しめるようになります

今高校生のあなたが将来安心して暮らすためには?

安心して

1.親や教師の考えが当たり前だと思わない

親や教師を盲目的に信じるってのが、非常に危険です。親や教師っていうのは、現代の成功法則に当てはまらな生き方をしています。

 

極論になりますが、親はほぼ100%間違っていると言っても過言ではありません

 

ちなみに、この時代をどう生きるべきなのかは、あなたの親よりもあなたの方が詳しいんです。親や教師は、自分たちの学生時代の成功法則を押し付けてきます。

 

そもそも教師っていうのは、公務員という立場を選んで、かなり人生を置きに来た人たちなわけでして、かなりあてにならないんですよ。

 

親は、今の時代の生き方のプロではありません。僕は就職せずに自分の力で生きていくことを決意しましたが、当然親に反対されました。

それを押し切って今はなんのわだかまりもなく話すことができます。ですが、今聞くと、その程度の知識で僕の生き方を否定していたのかと呆れてしまうことがあります。

 

親は今の時代に最適化できていませんし、これからもいい大学に行き、いい会社に就職することが、幸せになる成功法則だと思っています。

ですが、これからの時代はもっといい手段もあります。もっと自由に楽しくいきている人がたくさんいるし、そう言う人の方が稼いでいたりします。

この本はやや極論ですが、これくらいの気持ちでいいと思います。

 

2.有形物ではなく無形物を大切にすること

これは、めちゃくちゃ重要です。

これまでの時代、資格、肩書きがあまりにも力を持っていました。学歴という有形物はいわばプラチナチケットでした。

 

このプラチナチケットさえ持っていれば、将来が安泰っていう時代が長く続いたため、いまだにこの法則が成り立っていると思っている人も多いです。

しかし、いまは違います。学歴だけで生きていける時代ではありません。

いや、というよりも学歴にこだわるがあまりに不自由な生き方をしている人が非常に多くいます

3.自分で1万円でもいいから稼いでみる経験を早めにしておく

とにかく1万円でいいから何か稼いでみることです。0から自分で1万円稼ぐのです。

0から1万円を稼ぐのは、バイトで給料をもらうこととは全く異なります

バイトはすでに回っている仕組みに自分が当てはまってお金を”いただいている”に過ぎないのです。

そうではなく、1から自分でお金を生み出す仕組みを作るということです。

別に難しくはありませんよ。なんでもいいんです。僕は中学校の時からやってましたよ。いくらでも思い浮かびます。

  • 中学生の時にペン回し用のペンを韓国に拙い英語でメールを送り輸入し、国内のペン回し掲示板で販売した。
  • ブログにアクセスを大量に集めて広告を貼る
  • 受験化学の情報発信をしてオリジナル講座を販売する。
  • 企業のいい商品を別の市場で販売して市場拡大のお手伝いをする

などなど、僕は色々0からお金を生み出して来ました。中学生の時は、月収1万円ほど稼いでいたので、若干リッチでした。

 

お小遣い1000円でしたので、それを商品の仕入れに使ってそれを販売することで商品を販売していました。

 

なんでもいいのですが、自分でお金を生み出せる力が今後必要です。

なぜ、将来が不安なのかというと、”依存”だからです。多くの人が企業に完全に依存しているのです。

例えば、年金です。

高校生
高校生

僕は、将来のために今東工大に行き安定した企業に就職するために頑張っていますが、どれだけ頑張っても65歳以降生きていける地震がありません。

というのも、日本の年金制度が破綻していることは僕でも知っているので、僕たちが年金をもらえるかが不安です。

僕が高校生の時は、こんなこと1秒も迷ったことなかったんですが、50年ほど先のことに不安を持っている人がいるんだと感心しました。。

年金、給料、会社の倒産、解雇される、などなど今の高校生は30年前の高校生があまり考えなかったようなことに不安を思わなければならない時代になりました。

しかし、これらに不安を持つ理由はただ1つ。

お金は労働の対価で人からもらうもの」だと考えていることです。先ほども言いましたが、「依存」です。

 

このような考え方だと、お金をくれる人がいかに安定したところか? ってことを考えますよね。

ですが、今の時代本質的に安定なんて何もなくて自分でいかにお金を生み出せるか? っていうことが重要なんです。

僕は、お金は自分で生み出すものだと思っています。このように考えているといいことが2つありまして、

  • 時代に俊敏に対応できる
  • 嫌な人に言いなりになることがない

の2つです。

まず、個人レベルでお金を稼いでいるので、時代が変わって来たな〜って感じて来たらすぐにその波に乗って稼ぎのタネを巻き始められます

会社からお金をもらうという考え方だったら、その会社に時間を奪われるので、他のことに時間が取れなくなります。

しかし、僕の場合は仕事量は自分でコントロールできますので、今稼いでいる収入源がとだえる前に別の収入源を作ることができます。

また、さらに大きなメリットとしては、誰かに支配されることがありません。僕は今の仕事をしていて、何かストレスを感じたり、嫌で嫌で仕方がなくなることが一切ありません。

実際に自分でお金を稼ぐ感覚は、この次世代起業家育成セミナーで身につけました。僕が大学生の頃は、1万円で販売されていたセミナーなんですが、今は無料で配っているようです。

ここで学んだのは、お金が生まれる仕組み+お金を生み出す仕組みを自動化する方法でした。ここまで高度なことをいきなりできる必要はありません。

しかし、ビジネスの全体像を学ぶの非常に有益なセミナーがあります。

加藤将太バナー

次世代起業家育成セミナーを無料で手に入れる

今話題の仮想通貨についても解説されていまして、仮想通貨の仕組みも学べる動画講義もあります。

将来は決して暗いわけではない

楽しめ

高校生のあなたも、ここまで聞いて、目の前が暗くなったかもしれません。でも、僕は全く将来を恐れていませんし、ワクワクして毎日眠れません。

 

この章では、いかにこれからの時代が面白くてワクワクするものなのかってことをご紹介します。

何度失敗しても誰でも逆転するチャンスがある

だって、大学受験に失敗しても逆転できるし、25歳で月収100万円稼げるし、いつまでも稼いでいられるわけですよ。

 

お金は稼ぐもので、自分で稼ぐってことは逆を言えば、「依存しなくていい」とも捉えられませんか?

インターネットが民間人に当たり前に使えるようになったのもまだ20年ほどです。たった20年前に個人でネットでお金を稼ごうなんて人は誰一人いませんでした。

 

しかし、今の時代は自分で稼げるんです。会社に依存しなくていいんです。

 

そんな仕事になんもワクワクしませんね。僕は好きなことを仕事にしているし、毎日刺激を受けています。

自分で誰も気づいていないような市場を作り出してこっそり稼いだり、25歳の若造に企業がわざわざ頭を下げて商品を売ってくれ! と頼んできたり、すごく面白いです。

年齢関係なく大きく稼ぐことができる

インターネットを使って一切ストレスなく働いているのに、同級生の数倍稼いでいます。

そして、そんな仲間も増やすべく、ネットで一人でできるビジネスを教えているのですが、すでに時代に敏感な高校生が僕のもとでビジネスを学んで、結果も出し始めています。

・ナンパの先生やっている人もいます。

どんどん、世界は変わって行きます。

ですが、悲観せず、むしろやりたくないことをAIやロボットがやってくれているし、僕はそれをウェルカムだと思ってます。

早く仕事なんか奪ってくれ。

もっと楽しいことだけやって稼いで、面白い人生を送って行きたいんだ!
そう思っています。

これまではお金にならなかったことがお金になる時代になっている

これまでは、ただお金が減るだけでしかなかった大食い。

お金を稼ぐためには、フードファイターになってテレビに出るくらいしか稼げなかったのに、今やそれでお金を稼いでいる人もいます。

他にも、ゲームをすることでお金を稼いでいる人もいるわけですよ。


このように、これまではお金にならなかったことで、ガンガンお金を稼いでいる人がどんどん増えているのです。

むしろ、AIが仕事を奪い、インターネットがどんどん普及する流れは世の中を面白くする方向に動いていると思われます。

まとめ

要約リスト
  • 高校生が将来設計をすることに意味はないし不可能
  • 依存ではなく自分でお金を稼げるようにする
  • 不安もあるけど本当に面白い時代が幕開けする

とにかく重要なのが、「自立」ですね。自立して自分で収入を生み出すことが重要です。

参考にしておきたいのが、繰り返しになりますがこちらのセミナーです。

加藤将太バナー

次世代起業家育成セミナーを無料で手に入れる

今話題の仮想通貨についても解説されていまして、仮想通貨の仕組みも学べる動画講義もあります。

それでは!