高校生と大学受験

高校生が大学に行く目的も意味も見出せない時に読む記事

大学生

どうも、わたなべです。

高校生しょうご
高校生しょうご
大学ってみんな当たり前のように行くけど、奨学金で大きな借金を背負うわけだし、日本の大学生は勉強しないし、勉強したとしても勉強したことは将来は使わないんじゃないの?
高校生しょうご
高校生しょうご
こんな大学に行く意味や目的はあるのか?

今回はそんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • 大学に行く目的も意味もほとんどない
  • 唯一「モラトリアム」の延長
  • 本当に大学に行くべきタイミング
  • 高校生のあなたが今やるべきこと

ちなみに、僕は受験化学をネット上で教えていて、「受験化学」と検索すると僕のサイトが出てきます。もしかしたらたどり着いたことがある人も多いかもです。

受験化学コーチわたなべ

受験生に「大学受験頑張れよ!」っていう仕事をしている僕がこんなことを言うのは何ですが、結論から言うと、大学に行く目的はほとんどありません。

大学に行く意味は特に現代の高校生にはほとんどないと言っていいでしょう

その理由や根拠について書いていきます。

大学に行く目的も意味もないと言ってい

大学行く意味ない

大学に行く目的は大抵の場合、大学に行かなくてもできます。

  • 勉強
  • サークル

などがありますが、勉強もほとんどの場合は、図書館に行ってある本でできます。

本さえ買えれば誰でも勉強できますし、ユーチューブを調べれば大学の授業が落とされています。

例えば、このような動画なんか大学で学ぶよりもはるかにわかりやすいです。

これは、大学の電磁気学で学ぶものでして、おそらく今の大学生は、学校の授業よりもこの人の授業を見ているはずです。

また、文系の経済学や文学なんてものは全て完全に独学が可能でして、私立大学に150万円ほど支払っていくくらいならば、スクールなんかに個別に入った方がサポートも手厚く簡単です

ちなみに、理系大学生で研究したくなったとしても、大学に行かなくていいです。

自分で勉強をして、行きたくなった時に行けばいいし、学力があれば大学院から進学することもできます

 

意外と高校まで興味があったのに、大学に入学したら全く大学の理系の勉強に興味がなくなったって人も少なくありません。

それなのに、わざわざ高いお金を払ってまでやりたくもないことを何年もやる必要はありません

 

また、サークル活動も別に自分で作ることができます。僕なんかはブログで自分の趣味が合う人を集めて、その人たちを集めてオフ会を開いています。

 

サークル活動なんて「地域名 オフ会」って調べたり、「地域名 スポーツ名 サークル」って調べたら腐る程出てきます。

これも別に大学に行かなくてもできてしまいます

 

なので、大学に行く意味を感じていない人や目的がない人は、別に大学に行ったから新しく何かができるということはありません。

大学に行く目的や意味があるとしたら「モラトリアムの延長」のみ

自由

ただ唯一の有意義なのは、4年間の圧倒的な自由な時間です。

この4年間はすごく意味があると思います。日本社会では学生でもなく、働いてもいない状態を受け入れてくれません

 

いや、社会がどうだとかよりも、自分が何もしていない重圧に押しつぶされてしまう人が多いんです

 

ですが、大学生になることで4年間は学生の身分で楽しむことができます

この間に本当の自分にやりたいことを探すのはすごくいいことでしょう。高校生の間に自分の将来やりたいことが決まっている人はいないでしょう。

だから、別に学部にこだわる必要がなくて、高校生の間にとりあえず好きな学部に進学してみて自由な4年間を自分で作り出すためなら大学に行く意味があります

理想は高校生の間から自分で稼ぐ力をつけること

稼ぐ

大学が100%無意味だと言うつもりはありません。しかし、かなりコスパが悪いです。

 

目的なく入っても本当に4年間無駄に過ごすことになるでしょう。

なので、やはり働いてから後から必要な知識を大学で手に入れる方が絶対にいいです

そのために、まずは大学卒業するのではなく、とっとと自分で仕事を作って自分でお金を稼いでしまうことです。

今の時代高校生でも十分自分で仕事を作り出すことができます

 

実際、僕は中学生の時にペン回し用のペンを韓国から輸入して国内で販売していました。そんなことがを中学生の時からできたわけです。

もちろん、輸入して商品を国内でうることをススメている訳ではありません。

 

ネットがこれだけ繋がっている環境だったら、別に高校生だろうが中学生だろうが年齢関係なく稼げるよってことです。

 

実際僕自身も大学生の時に自分のウェブサイトを作ることで自分のビジネスを経営するようになりました。

まずは、1万円を自分で稼ぐことに集中してください。そうするだけで世界が変わります。

また、自分のビジネスを持つ方法はインターネットで無料で学習可能です。

こちらはメールアドレスだけで無料で学べます。なぜ無料かというと、「有料部分を見たければ課金してください」という風になるからです。

でも、だからと言って無料部分だけでも十分学べるし、無料のものは全て情報収集するくらいの貪欲な気持ちがなければどのみちビジネスはうまくいかないし、大学に合格することさえできないでしょう。

無料で「起業家センス診断」というものも受講可能なので、自分が起業家に向いているかどうかを確かめる上でも非常にオススメです

[btn]高校生から起業して経営者になる無料講義を受け取る[/btn]

大卒の肩書き信仰は全くいらない

大卒の資格

大卒だと有利なこともあるし、高卒だとなかなか世間で不利になるって思っている人も多いです。もちろん、普通に働いていたらそうなりますね。

普通に就職するためには大卒と高卒では、大きく差が出ます。

しかし、スキル勝負の仕事なんかでは、大卒と高卒では全く関係なく実力勝負になります。

そしたら高校卒業後すぐに働き始めた場合と、大卒でのんびり4年間を過ごした人とでは全くレベルが違う人になっています

 

また、時代の流れがあまりにも早いので、今から受験勉強をして、大学卒業のために4年間を費やしているとあっという間に5年ほど経過します。

5年後には、5年前と比べて世界が全く違ったものになってしまっているでしょう。

 

2025年〜2035年のうちにいま日本の職業の49%がAIによって代替されてしまうと言われています。

この激動の時代に1つの仕事につくために5年の時間をかけている場合では無いのです

ちなみに、僕は今月収100万円を新卒2年目にして稼いでいますが、この技術も初めて3年ほどの技術です。

それくらいでも波に乗ることで一気に稼げるのですよ

大学4年間卒業して就職して月収20万円になって、AIに仕事を奪われていたらたまったもんじゃないですよね。

当然ですが、今の高校生が大企業に就職できたからといって、終身雇用なんて100%ありえません。絶対に無理だと言い切ってもいいです。

2025年にはタクシードライバーや運送業の仕事が消滅して、完全自動で運転が行われる自動車の登場が原因で消失する仕事は123万人の雇用に相当します。

この頃からデイトレーダーの仕事は全滅するでしょう株式のトレードでもFXのトレードでも人間はAIに勝てなくなるからです。

金融機関でも人間のトレーダーはAIにとってもカモに落ちていきます。

 

2030年頃にはパラリーガルと呼ばれる弁護士助手の仕事、銀行融資担当者、裁判官といった主に頭を使う専門家の仕事がAIに取って代わられ消失するのです。

今の就職界隈では、超エリートと言われている仕事がどんどん使えないオワコンとなっていくんです。

もはや、こんな激動の時代に学歴に頼り、1つの仕事に残ることなんて何のメリットもないと言っても過言ではありません。

もしあなたが高校生でまだ時間があるなら

ちなみに、あと1ヶ月で入試が始まるよ!

って人以外はとっとと自分で稼げる仕組み作りに集中したほうがいいですね。というかこれからの時代に自分で稼げる力がない人は絶対に生き残れないです

会社からお金をもらうという考え方では、確実にAIやロボットに淘汰されてしまいます。

あなたがAIに使われて、ロボットに使われて働かなくてはならなくなります。

 

そうではなく、どんな時代になるかわからないからこそ、その時代に合わせて自分で稼げるようにしなければなりません。

そのために一番いいのが「情報発信」です。僕も情報発信で稼いでいると言っても過言ではありません。

また、自分にファンがつき、自分の発信に共感してくれる人がいるだけで食いっぱぐれることはまずありません。

先ほども紹介しましたこちらの動画講義は情報発信でビジネスを作る方法に関しても学べます。

是非無料で「起業家センス診断」というものも受講可能なので、自分が起業家に向いているかどうかを確かめる上でも非常にオススメです

[btn]高校生から起業して経営者になる無料講義を受け取る[/btn]

まず、悩んでいるならとりあえず行動です。動けば次に何をすべきかがどんどん見えてきます。一番ダメなのが悩んで動かないことです。

とりあえず動いて動いて、それでダメなら大学受験を頑張ればいいじゃないですか。